街から始める鳥獣対策

特定外来生物ハンターが今の日本の外来生物問題について少しまとめてみたよ

特定外来生物ハンターが今の日本の外来生物問題について少しまとめてみたよ
外来種(外来生物)のことちゃんと説明できますか?
意図的導入と非意図的導入
外来種(外来生物)と在来種
国内外来種
特定外来生物とは
外来種はとにかく駆除すればいいの?
稲だって外来種!?
外来種を駆除したら外来種が増えてしまった事例
外来生物法が『生態系・人命・農林水産業』を守る
外来生物法は〇〇〇を禁止して、違反者には罰則がある
特定外来生物たちが引き起こす事件
カミツキガメ(人体の健康被害)
アライグマ (農業被害)
ウシガエル (生態系被害)
私たちにできる事
ペットの寿命を考えよう
獲って食べてみよう
まとめ

外来種(外来生物)のことちゃんと説明できますか?

外来種(外来生物)と在来種

外来種とはその地域に元々は生息していなかった生物が『人間の活動』によって持ち込まれた生物の事を言います。 よって元々その地域に生息していた生物や、『生物自らの力』によって移動してきた生物は外来種とは言わず、在来種と言います。

意図的導入と非意図的導入

外来種が外からやってくる原因としては2パターンあり、意図的導入と非意図的導入があります。外来種の意図的導入と言うのは生物をペット、食用、毛皮、天敵用として人間が意図的に連れてきた場合を指します。例えばペットとしてミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)、食用としてウシガエル、毛皮としてヌートリア、天敵(害虫駆除)としてオオヒキガエルなどのように人間が利用する為にわざわざ連れてきてしまった生物もたくさんいます。

特定外来生物ミドリガメ
特定外来生物ミドリガメ
特定外来生物ミシシッピアカミミガメ
特定外来生物ミシシッピアカミミガメ
特定外来生物ウシガエル
特定外来生物ウシガエル

外来種の非意図的導入というのは海外からやってくる船や資材、植物にくっついてやってきてしまった場合を指します。人が意図して運んでいる訳では無いので監視や検疫をして防がなくてはなりませんが、ヒアリやセアカゴケグモなどのように小さな生物が貨物船などに乗ってやってくると発見するのは容易な事ではありません。他にもホンビノスガイのように船底にくっ付いてやってきて日本の海岸で繁殖してしまった例もあります。

外来種ホンビノス貝
特定外来生物外来種ホンビノス貝
特定外来生物セアカゴケグモ
特定外来生物セアカゴケグモ

国内外来種

外来種とは海外からの生物だけでなく、日本固有種であっても元々生息していなかった地域に「人間の活動」によって入り込んだ生物は外来種として扱われます。例えばイタチは本州や四国、九州などには生息していた在来種ですが、八丈島などにネズミの天敵として人為的に導入され定着しています。このイタチの場合、本州では在来種ですが八丈島では外来種として扱われます。北海道のカブトムシも国内外来種です。

八丈島では国内外来種イタチ
八丈島では国内外来種イタチ
北海道では国内外来種カブトムシ
北海道では国内外来種カブトムシ

特定外来生物とは

特定外来生物とは外来種のうち、生態系や農林水産業、人の生命・身体に被害を及ぼしている、もしくは及ぼす可能性のある生物のことで外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)によって指定されています。 特定外来生物の一覧は環境省のHPにて確認が出来ます。

外来種はとにかく駆除すればいいの?

稲だって外来種!?

外来種だからといって何でも駆除・排除しないといけない訳ではありません。私たちの生活の中にもたくさんの外来種が利用されています。例えばお米となる稲も元々は縄文時代に持ち込まれた外来種で、野菜や家畜などにもたくさんの外来種が利用されています。

稲や野菜は区画が管理されている上に人の手がかからなければ上手く育たない場合がほとんどですし、家畜も畜舎で管理されている為、外来種として問題を起こすことはありません。

外来種を駆除したら外来種が増えてしまった事例

むやみやたらに外来種を駆除すると思わぬ副作用もあるようです。例えば琵琶湖で特定外来生物のブラックバスの成魚を駆除したところ天敵のいなくなったブラックバスの稚魚が急増した(リバウンド現象)という事例もあります。
また特定外来生物のウシガエルを駆除すると餌になっていた外来種のアメリカザリガニが大量に繁殖してしまうかもしれません。 外来種はいない方が良いけれど、どう対応すべきかはその生息地にあった方法や順序で行わないと思わぬ副作用を生むかもしれません。

外来生物法が『生態系・人命・農林水産業』を守る

外来生物法は〇〇〇を禁止して、違反者には罰則がある

外来生物法は特定外来生物を『持ち込んだり、売ったり、飼ったり、野に放つ』事を禁止しており、違反者には最大で3年以下の懲役または1億円以下の罰金が設けられています。
特定外来生物が万が一にでも野外に放たれてしまった場合、生態系・農林水産業・人の命や身体に大きな影響を与える可能性がある為です。

分類 行為(対象:特定外来生物) 罰則(懲役または罰金:個人) 罰則(懲役または罰金:法人)
輸入関係 許可なく輸入した場合 3年以下または300万円以下 1億円以下
許可なく輸入した場合(※未判定外来生物) 1年以下もしくは100万円以下 5千万円以下
販売関係 許可を受けていない者に対して販売や配布をした場合 3年以下もしくは300万円以下 1億円以下
飼養関係 許可なく飼養等をした場合(販売・配布目的) 3年以下もしくは300万円以下 1億円以下
許可なく飼養等をした場合(愛がん(ペット)等の目的) 1年以下もしくは100万円以下 5千万円以下
偽りや不正をして飼養等の許可を受けた場合 3年以下もしくは300万円以下 1億円以下
放出関係 許可なく野外に放ったり・植えたり・蒔いたりした場合 3年以下もしくは300万円以下 1億円以下

外来生物法では飼養等というのは飼育・栽培・保管・運搬を指します。つまり野外でウシガエルを捕獲して生きたまま持ち帰ること(運搬に該当)も違法行為となります。

特定外来生物たちが引き起こす事件

カミツキガメ(人体への危険)

人が噛み付かれて怪我をする可能性があります。特に大型固体になると甲羅の長さが50cmにも達し噛み付くスピードがとても速く、最悪の場合では指が食いちぎられるなどのケースも想定されます。

特定外来生物 カミツキガメ
特定外来生物 カミツキガメ

アライグマ(農業被害)

農作物を食い荒らすので農家にとっては悩みのタネとなっています。特に糖度の高い果物や野菜の被害が多く、トウモロコシ・カボチャ・スイカ・ブドウ・ナシ等の被害が報告されています。
またアライグマは雑食性で何でも食べるので在来種を捕食し生態系にも影響を及ぼします。それだけでなく人間の生活区域にも侵入し屋根裏等での糞尿被害に悩む人たちも多くいます。

特定外来生物アライグマ
特定外来生物アライグマ

ウシガエル(生態系被害)

食欲旺盛で口に入る物なら何でも食べてしまうので在来種もその餌食となってしまいます。昆虫やカエル、ザリガニ、魚、小動物、小型の鳥など何でも食べてしまいます。

一度の産卵で数千~数万個の卵を産む為、条件が整えば高密度に生息し、池や島などの閉じた環境においては恐るべき捕食圧によって在来種のカエルが見られなくなってしまったケースも存在します。

特定外来生物ウシガエル
特定外来生物ウシガエル

私たちにできる事

飼う前にペットの寿命を考えよう

ペットを飼うという事は、その生物が死ぬまで面倒を見切るという事です。つまりそのペットが何年生きるのか、自分が何歳になる時までペットの世話をしないといけないのかを事前に知っておく必要があります。

例えばミシシッピアカミミガメの場合、15年~30年生き続けます。飼育環境が良ければ40年以上も生き続けると言われています。あなたが10歳の時にミシシッピアカミミガメを飼い始めたとしたら、最長でなんと50歳までそのカメを飼い続けなくてはいけません。安易な気持ちでペットを飼う事はやめましょう。

このことは外来種に限らず犬や猫についても同じことです。大切な命に責任を持って飼い続けることが出来るのか飼い始める前に何度も自問自答する必要があると思います。

またどうしても飼いきれなくなった場合は、あなたが責任を持って殺処分をしましょう。環境省のHPにも以下の通り記載があります。

「特定外来生物に限らず、生き物を飼い始めた場合は、最後まで飼い続ける責任を持たなければなりません。 どうしても飼い続けることが出来ない場合は、あなたが責任を持って殺処分してください。」

何があっても野外に放つなんてことは絶対にしてはいけません。

獲って食べてみよう

実は外来種の中には食べるととても美味しい生物も多く存在しています。もちろん野生化で繁殖しているので雑菌や寄生虫などのリスクがありますので、調理には気を付ける必要があります。ただ豚肉や鶏肉を生で食べると食中毒を起こすのと同じで、しっかり火を通して食べることでリスク回避できます。生肉を触った手で食器を触ったり、手掴みで食べたりすることも危険なのでやめましょう。

★美味しい外来種一覧
ミシシッピアカミミガメ・クサガメ・ライギョ・アメリカザリガニ等
クサガメを食べている動画

★美味しい特定外来生物一覧
ウシガエル・カミツキガメ・ブルーギル・ブラックバス・アメリカナマズ・ウチダザリガニ等
ウシガエルを食べている動画

上記以外にもヌートリア・キョン・アライグマ等も美味しい外来種ですが鳥獣保護法によって保護されており捕獲には許可や免許が必要となる為、手始めとしてはウシガエルやミシシッピアカミミガメなどを食べてみると良いでしょう。

まとめ

私たちの生活は生物多様性によって支えられていると言っても過言ではありません。水や食料、空気、エネルギー、薬、ワクチン、その他すべてが生物多様性による恩恵なのです。こういった恩恵を生態系サービスと言います。小さな一つ一つの命が複雑に絡み合って生態系を維持しているのですが、外来種問題はその生態系を崩してしまう可能性を大いに持っています。

時々「生物多様性の保全とか言って、結局人間都合の保全じゃないか」という声が聞こえてきますが、その通りです。我々の未来の子供たちが豊かに暮らせる素敵で持続可能な環境を残すことが目的なのですから。人間の為、つまりは未来の子供たちの為なのです。
人間の営みが持続可能なように整えられた環境と言うのは、緑が溢れていて、多種多様な生物が生息していて、キレイな空気と水がある環境だと思いますが、それを求める事がおかしい事だとは思いません。

さらに「既に外来種を組み込んだ新しい生態系が出来ているのではないか」という意見も聞こえてきますが、問題になっている外来種はその地域の生物多様性を破壊しながら、そこの生態系に居ついています。その生物多様性が崩れた状態を良しとするか悪しとするかは未来の子供たちの環境を考えたら自ずと答えが出るのではないでしょうか。

駆除される外来種が可哀そうと思う考え方を否定は出来ません。だからこそペットは終生飼育するべきですし、野に放つべきではありません。ペットは家の中で飼育し続けなくてはいけないのです。
未来の子供たちの為にもこの悲しい負のサイクルを断ち切らなくてはいけないのです。

カテゴリー: 鳥獣トラブル  
ライター:ちーとん。

キーワード:, ,