街から始める鳥獣対策

イノシシ肉をミンチにして麻婆豆腐にしたら言葉を失ってしまった

イノシシ肉をミンチにして麻婆豆腐にしたら言葉を失ってしまった

伊豆で狩猟を営んでいるとしろーです。今回はイノシシのロース肉を使って麻婆豆腐を作っていきたいと思います。ジビエはクセがね〜とかいう方にはぜひ試して欲しい。豆板醤と甜麺醤がぜんぶ旨味に変えてくれます。上記写真の一歳メス、年初の冬にくくり罠 → 電気ヤリで仕留めたものを使用します。油たっぷりなので期待大ですね。

それでは多分に不親切を心がけ勢いのみで書き上げます。

料理は勢い
便利すぎる世の中だからこそ
ぜんぶ目分量
ざざっとレシピ要点説明
豆腐は前もって下茹でしておく!
砂糖だと?
ポイントは一も二もなく花椒!
まとめ
作っていく!

料理は勢い

イノシシの背ロース

便利すぎる世の中だからこそ

youtubeの台頭、クックパッド、各調味料メーカーによる洗練されたレシピ、によって、世界の料理方法が、手元の小さな窓越しに見れるようになった。とても便利だ。楽しすぎて夜しか眠ることができない。

そんななか私は言いたい。料理はもっと試行錯誤を楽しむものだと。レシピ見ながらセコセコ作るものかと。とはいえ自由と型無しを勘違いする輩がイージーに可視化される事情はあまり好きじゃないので、オムレツ作れるくらいの基礎は必要だと思いますが。そんなの見てしまうと夜も眠れない。
そもそも料理ってのは自分のために衝動的に作ってるときが一番楽しい。レシピを調べて、前日から仕込んで、頭の中でフローを組み立てて、などというのは、誰かをもてなす時の愉しみ方だ。幸い私に客人はいない。ぴえん。

ぜんぶ目分量

左上の空中あたりを見つめると出てくる調味料は、塩、醤油、砂糖、甜麺醤、豆板醤、中華スープ、ゴマ油、生姜、ニンニク、ネギ、それに豆腐と挽肉。木綿か絹ごしかは気にしない。今回はパッケージが可愛かったので絹ごし。こんだけで作っていきます。分量はオール適当なので載せません。
失敗したところで口に入るのは全部自分のぶんだし、出来不出来を気にする必要はなくて、とはいえ美味しく作ってあげたい。仕留めたイノシシさんにも申し訳ないので、それなりに調理方法はインストールしてある。私が麻婆豆腐を作る際に、頭の中で熟成させている調理動画は以下。もう5年くらい熟成させて復習していないのでオリジナルの面影がないかもしれない。

プロの調理方法とはいえ詳細に覚えることはなくて、どんどんアレンジしていいと思ってる。当然記憶なんていい加減なモノだから、日々添削されて自分好みになっていく。誰かに提供してお金を得る類のものじゃないんだから、それくらいの自由は貪ってもいいと思う。脳が震えますね。それでは調理過程のポイントだけ述べていきます。

ざざっとレシピ要点説明

ここは抑えておいたほうがいいと思うポイント。レシピの分量よりこっちのほうが大事。

豆腐は前もって下茹でしておく!

譲れません、ゼッタイ。若干塩を加えます。豆腐のぷるぷる具合が段違いに変わります。理由は知らないけど、明らかにお店で出てくる舌触りになる。

砂糖だと?

甘いはウマい。異論は認めない。あ、ハチミツでも美味しいです。当然入れすぎると取り返しがつかないので慎重に加える。

ポイントは一も二もなく花椒!

調理の最終段階にもっさり投入。調理途中に加えるとぼんやりした味になるため注意。本来なら加える直前にミルで挽くべきなんだろうけど、そこまで徹底はしてない。

まとめ

ぜんぶ目分量で作っていく! 火は豆腐以外だいたい強火。

STEP1
イノシシロースを挽く。
ロースをミンチにする図

STEP2
サイコロ状にした豆腐を熱湯(気持ち塩入り)弱火に入れる。
豆腐は前もって湯通しの図

STEP3
透明な油が出てくるまでひき肉を炒める。今回は肉の脂が十分にあるので油は加えない。
こんがり火を通す

STEP4
みじん切りにしたニンニクと生姜、甜麺醤、豆板醤、醤油、砂糖を加える。
生姜、甜麺醤、豆板醤、ニンニクを加える

STEP5
馴染んだら中華スープの元とお湯を加える。豆腐を茹でてるお湯でOK。
中華スープ(固形)を加える

STEP6
ひと煮立ちしたら塩、醤油で微調整して味を完成させ、豆腐を入れなじませる。
豆腐を優しくあえる

STEP7
水溶き片栗粉でとろみをつけていきます。完成までもう少し。
水溶き片栗粉を加える

STEP8
ゴマ油をめいっぱいかけます。ネギも投入。
ごま油と刻みネギを加える

STEP9
火を止めて想像の3倍量花椒を投入。
花椒は思い切りどうぞ

STEP10
ぐるっとやさしく混ぜて完成です。
イノシシ麻婆豆腐ができました

いただきます。
イノシシ麻婆豆腐をいただきます

イノシシ麻婆豆腐をいただきました

イノシシ麻婆豆腐ごちそうさまでした

カテゴリー: 狩猟の道   ジビエグルメ  
ライター:島田寿朗

キーワード:, ,